着物関連情報

HOME着物のおしゃれ着こなし術

最終更新日:2017/11/20

着物のおしゃれ着こなし術

こちらを見つめる女性

着物というと、何だか畏まった気持ちになってしまって、決められた様式美を守らなければならない、という無言のプレッシャーが掛かって来るという方が数多くいらっしゃいます。
ですが考えてみてください。
洋服が普及し始めたのは、太平洋戦争の終結後で、洋服が持て囃されるようになってまだ百年も満たないのです。
それまでの日本人の私服は着物で、しっかり来ている人もいれば、少し崩して着ている人もいましたし、遊び心満載で着物を楽しんでいた方も多いのです。
この様に着物の着方は自由なのです。
洋服の着こなしも同様ですが、着物をおしゃれに着こなす第一歩は、まずはシンプルな着こなしを身に付けることです。
シンプルな着こなしを踏まえ、それから自分なりのアレンジを加えて行くのがベストな流れと言えます。
シンプルな着物の着こなしのポイントは、主に3つです。
1つ目は衿の合わせで、合わせは首元に持ってくるようにしましょう。
合わせが下過ぎると胸元が開きすぎ、更に合わせが下に下がってしまいますのでだらしなく見えてしまいます。
2つ目は帯です。
帯枕のひもの結びが上に上がって来ないように、おへそ方向へぐっと押し込むようにしましょう。
3つ目は裾の長さです。
裾は踵が見えるか見えないかを意識し揃えましょう。
ポイントは以上で、これが基本ラインと覚えればあとは自由にアレンジを開始することが出来ます。
着物は難しいと捉えられがちですが、実は洋服の方が難しいのです。
洋服の場合、トップスとパンツ、もしくはスカートなどなどなど、形態自体が様々なものの組み合わせが必要になって来ます。
クローゼットに収められている洋服の組み合わせだけで、何千、何万通りの組み合わせが存在します。
その組み合わせをこなせるのであれば、着物は非常に簡単です。
なぜなら、既に形が決められているからです。
あとは着物に合わせて帯揚げやブローチ、半衿、着物のバッグなどをお好みで自由に組み合わせていくだけです。
また、着物のバッグに至っては和ものデザインだけに限らず、洋風のバッグでも合わせることが可能です。
洋服に和を合わせるのはなかなか難しいですが、和の着物に洋を合わせるのは、意外とハマりやすいのです。
西洋文化を上手く取り込んできた、この国のお家芸と通じるところがあるかも知れません。
着物にはパターンがそれほど無いので、大きく外すことがありません。
まずは着たいと思うもの、似合うと思うものを選び、片や色柄の意味や季節感を考えて選べばおしゃれに着こなす事は簡単なのです。
あとは小物の組み合わせで冒険すれば良いので、どんどん着物選びが楽しくなってくること間違いありません。
これから自分なりの着物の着こなし術を身に付けてくださいね。

一覧はこちら

着物ランキング

TOP