女性に人気の着物通販サイトを徹底比較!

着物通販サイトランキング厳選5

京都きもの市場

  • 全商品点数は1万点を遥かに凌ぐ!京都発のプライドが煌めく
  • ネットのみならず実店舗も常設!各地に設置で尚も拡大中
  • 着物の仕入れのみならず繊維メーカーとの共同運営ショップも展開

市場と称するにふさわしい品揃えに大満足

ネットで確認しきれないほどの着物数を誇り、まさに市場と称するにふさわしいと言えるでしょう。毎月のパワーアイテムページでオススメもしてくれて、着物に関わるあらゆる商品や知識も揃っています。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

京都きもの市場に対するみんなの口コミ

  • 担当者別に商品を仕入れていることに驚かされました。日々商品が更新されているので、つい見逃してしまうとなかなか再会することができません。まさしくインスピレーションが大切で、一目ぼれした商品は必ず購入するようにしています。...

  • 冠婚葬祭で着物のレンタルを探していたところ、こちらに辿り着きました。着物イコール高額商品!というイメージがあったのですが、いざこちらで見てみれば手が届かなくもないことに驚き。問い合わせして買っちゃいました。...

  • こちらのホームページで着物の展示会の存在を知り、以前から着物が欲しかったので足を運んでみました。各ブースにコーディネーターの方がいらっしゃって、私に似合う着物をおすすめ頂きました。親身な対応をしてくださり、気持ちよくお買い物...

KIMONOMACHI

  • 京都最大級の呉服屋がプロデュースするネットショップ
  • 女性もの以外にも男性ものの和装も手に入る守備範囲の広さ
  • 急な着物の入り用にも対応してくれる最短即日出荷

会員登録するとお得に着物が購入できる

ネットショップに会員登録をすると会員特別価格で着物を購入することができます。また、セール時には会員だけ限定の割引クーポンが発行されるので、お得にお好みの着物を購入出来ます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

KIMONOMACHIに対するみんなの口コミ

  • なかなか和装の知識が無く、着物の着付け方法から小物のマナーや履物のバリエーションなど全くわからない私に親切な対応をしてくださいました。購入後のアフターフォローも素晴らしく、本当にこちらで購入して良かったなと思いました。...

  • カジュアルな感覚で着物を着たいと思い立ち、様々な着物サイトを渡り歩きましたが、こちらのトップページを見た時にピンと来ました。気に入った着物を見つけたので購入をしましたが、小物の商品ラインナップも充実していて、思わず追加注文し...

  • 自分の卒業式に合わせて両親が袴を買ってくれる事になり、少しでもリーズナブルにと思ってこちらを利用しました。袴に草履、と思っていたのですがショップ画像の編み上げ袴ブーツに一目惚れ。普段使いも可能で大満足です。...

いち利モール

  • 生産者の想いと消費者の想いの懸け橋的な役割を目指す
  • 着物のプライベートブランドにも意欲的に挑戦中!
  • 取っつきにくい着物のイメージを払拭してくれる

着物を親しみやすい存在にしてくれる

良質な商品をリーズナブルに提供してくれる事も去ることながら、何より着物のメリットとデメリットを熟知し、消費者に対して親しみやすい着物を提案し続けてくれています。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

いち利モールに対するみんなの口コミ

  • 娘の浴衣の購入でこちらのサイトを利用しました。商品を実際に触って選べるという記載を見て問い合わせたところ、快く商品を送って頂きました。やはり実際に触って決められるのは嬉しいです。娘も満足する買い物ができました。ありがとうござ...

  • こちらの会員登録ですぐさま割引チケットが頂けるというのは、地味に嬉しいです。しかも送られてくるメルマガも大変楽しい内容で、時に為になる情報やお得になる情報も含まれているので目が離せません。すっかりこちらのファンです。...

  • 頻繁に和装を着用するライフスタイルなのですが、小物類がどうしても一辺倒になりがちでした。ネットサーフィンでこちらを拝見し、プライベートブランドの存在を知りました。まさに痒いところに手が届く商品ばかりで嬉しくなりました。...

きもの都粋

きもの都粋

クオリティーの高い商品をお求めやすく

伝統ある着物グループが運営するだけあって、素材やデザインはまさに上質です。ネット通販でお求めやすいお値段になっており、ヘアーアクセサリーや収納まで取揃っています。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

きもの遊び.net

きもの遊び.net

着物のみならず小物までなんでも揃う

時代に合わせた着物を提案しているこちらですが、1,000円均一のアクセサリーや半襟、帯締めなどが販売されています。こうしたお求めやすい小物類が充実しているのが特徴です。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

着物の基礎知識

鞄を持っている女性

着物の歴史

この国で長く親しまれてきた着物の歴史は古く、平安時代辺りにまで遡ります。
それ以前も衣服の存在していましたが、今日の着物に至る原型とも言うべきは、平安時代からと言われています。平安時代の着物の種類はそれほど多くありませんでしたが、煌びやかな時代柄の影響からか、色の組み合わせを重視して好まれていました。
その後は武家社会が続き、着物の普及は男性にも広がって行きます。
武将たちが権勢を誇るかの如く、派手な着物を好んで着ていました。
そして、着物技術が向上し、昨今でも見かけるような仕立ての着物になっていったのは江戸時代と見られています。
着物そのものが美術工芸品として認識され、非常に価値があるものとしての位置付けがなされましたが、明治時代に入ると一気に西洋化の波が押し寄せてきて、洋服の着用が推奨化され、着物を着る時は家柄がわかるように紋付と定めた衣服令なる、現代では考えられないような法律も制定されていました。
現代の着物と言えば、晴れ着や冠婚葬祭など、主にイベントごとの礼装として親しまれています。
着物を着る、イコールしっかりした場所、というイメージがありませんか?そのイメージは、この国に愛され続けた着物の歴史に由来するものなのかもしれません。

黄色い着物を着ている女性

最新の着物の特徴

少し前までの着物文化は、親から子へ、子から孫へと着物が受け継がれてきていました。
その受け継ぐ際に、着物の種類、着物の合わせ方、着物の歩き方なども一緒に受け継いでいました。
現代では洋服が主流となり、着物が何たるものなのかということを伝えることが無くなりましたが、現代でも節目節目になれば着たくなるのが着物という方も少なくありません。
最近では着物を通販で購入する方も増えています。
着物の通販は、着物がお求め安くなったキッカケでもあり、さらに着物のレンタルや中古品の流通も見逃せません。
着物業界も様々な新商品の発想で、生き残り競争にしのぎを削っており、かつては着物のウィークポイントとされていたところが、次々に改善されています。
最新の着物には、我々が思っているよりも進んでいて、着物の種類やデザインもさることながら、一番変化を遂げているのは着物の素材です。
現代では化学繊維がふんだんに取り入れられており、様々な点で弱点を補強してくれています。
例えば、汚れが付きにくくなっていたり、水や油を弾くような素材、さらに保温透湿性にも優れて蒸れません。
仕立てもミシンで丈夫に縫製されているので、洗濯できるのも嬉しいところです。
素材の変化はカジュアルに着物を着たい層に好評を得ており、和装ブームを支えています。

和傘をさしている女性

アンティーク着物の魅力

アンティーク時計にアンティーク家具。
世の中には様々なアンティークがありますが、アンティーク着物という存在はご存知でしょうか。
様々な説はありますが、主に江戸時代末期から昭和初期に至るまでの間に、実際にその時代の方が着ていた着物のことを総称し、アンティーク着物と呼ばれています。
分かりやすい言い方をすれば、100年以上前の人が着ていた着物のことを、アンティーク着物と呼んでいるのです。
アンティーク着物は密かな人気を集めていて、その人気の理由としては、当時のものにしかない鮮やかな色合いや着物の合わせ方が挙げられ、素材も天然ものなので、着物自体が醸し出す空気感や存在感が愛されています。
これはまさしくアンティーク時計や家具にもあてはまる内容であり、アンティーク着物も同じように愛され続けているのです。
アンティーク着物に関しての着目すべき点は、若干の劣化は致し方ないということです。
洋服などのヴィンテージ物と認識すればわかりやすいでしょう。
さらに、当時の日本人に合わせたサイズになっているので、全体的にサイズは少し小さめに作られており、サイズが合わない場合はそれを逆手にとって洋服と大胆に合わせてみると面白いかもしれません。
当時の息吹を現代に取り込めるアンティーク着物は、まさに魅力満載のアイテムです。

畳の上に座っている女性

着物に合う帽子

着物と言えば冠婚葬祭や卒業式など、ある程度かしこまった場所を想定されることが多いと思いますが、日常生活で着物を楽しまれている方も増えてきています。
友人とのお出掛け、仲間内だけの小規模のパーティーなど、意外と着物を着ていけるチャンスはあります。
どのような着物の種類を選ぶかはもちろんですが、着物のバッグ、着物のヘアセットなどに困られる方も少なくないでしょう。
今日は着物のヘアセットにお悩みの方に朗報です。
着物に帽子を合わせれば万事解決なんです。
着物に帽子?と懐疑的な方もいらっしゃるでしょうが、これは一昔前までは当たり前に行われていたことで、明治時代から西洋化が進んだとはいえ、洋服が本格的に広まっていくのは終戦後です。
その間は洋装と和装が混在していた時代であり、まさにその時代には着物に帽子は当たり前だったのです。
少しレトロな服装を好まれる方がいらっしゃいますが、そのレトロの際たるものが、着物に帽子と言っても過言ではありません。
具体的に申しますと、着物にハットを合わせたりすると、大正ロマンの香りがする、おしゃれ上級者に見られるでしょう。
ハットにサングラスを合わせても特に違和感はなく、和洋は意外と合うのです。
ベレー帽などで優しい雰囲気を演出するのも面白いですし、ベレー帽自体が個性的なので着物の個性とぶつかり合わずに抜群の中和を生みます。
浴衣に麦わら帽子なども合いますので、固定観念に囚われずぜひ試してみて下さい。

着物のコラム

着物ランキング

TOP